56

即日で融資をしてくれる業者といえば、プロミス、レイク、アコムなど。
融資を受ける手段としては、それぞれの会社の自動契約機、またはインターネットによる振込の2つがあります。

平日の午前中から14時は、インターネットで銀行口座の指定を行い、そこに振込んでもらうことができます。
インターネットなら、自宅のパソコンでも、外出先のスマホでも、さくさく振込依頼ができるのです。

これが土日や夜の場合、別の方法でお金を受け取ることになります。

つまり自動契約機を利用するのですが、これをうまく活用すると、ATMで自分の預金からお金を下ろすより、手数料が安くすむことがあります。
即融資で自動契約機を利用した場合、手数料がかからないからです。

コンビニなどで自分の預金からお金を下ろすと、曜日や時間によっては数百円の手数料がかかってしまいますが、
同じ金額で無人契約機の即融資だと、その手数料がなくなります。

ただし、手数料の節約を目的として、無人契約機を銀行代わりに使うのはおすすめできません。
急用などで予定通り返済できなかった場合、予想外の金利を発生させることがあるからです。

カードローンの手続きの時間帯は?

消費者金融で平日に即融資を受けるには、当日14時までに契約を済ませなけれはなりません。
スマホからネットで申込むのが最も手軽。自宅でも外出先でも、いつでも即融資を申し込むことができます。

審査はネット上で行えます。高速で自動審査を行うしくみ・属性スコアリング方式が設けられているからです。
わずか1時間くらいで結果が出て、審査結果はメールや電話報告されます。
この審査を午前中に受けておけば、午後には手続きが終わり、即融資となります。

審査に通ったところで一安心、一息つきたくなるところですが、すぐに契約手続きを行いましょう。

本人確認のため、運転免許証や保険証などの提出が必要です。
もっとも、携帯などで書類の写真を撮り、送信すればよいだけ。あらかじめ時間のある時に撮影しておくと、さらに手早く手続きできます。

これが平日でなく、土日に即融資を受けたいという場合、消費者金融の無人契約機を利用することになります。

スマホ融資と違って、無人契約機のある場所まで出かけていく必要がありますが、14時目指して急ぐ必要はありません。
土日でも夜9時まで契約手続きを行えます。