0I9A858915070158white_TP_V

ローンの審査ではスコアリングが行われています。
どのようにスコアリングするかは、それぞれの会社に独自の基準がありますから、スコアリングのゆるい会社を選ぶと有利です。

審査の項目は、住所や電話番号・職業など、簡単には変更できないものばかり。
今すぐにはキャッシングの予定がない人でも、どんな審査があるかチェックしておくと、いざというとき役にたつことでしょう。

勤務先というより、勤続年数が重要です。長いほどスコアリングがよくなりますが、1年以上あれば、まず問題ないといわれています。

より注意したいのは、他社からの借入。
もっとも審査を通りやすいのは、これまでローンを組んだことがないか、アイフル以外の会社から借りていないことです。

いろいろな会社から、くり返し何度もお金を借りているようだと、すべてきちんと返済していたとしても、審査を通りにくいかもしれません。
とくに3社以上の場合は、評価が厳しくなるものと思われます。

他社から借入している場合、借りた金額が大きいかどうかより、何社から借りているかが重視されるのです。

 審査で重視する「信用情報」「事故情報」とは?

審査で行われるスコアリングの項目には、個人の「信用情報」は含まれていません。

消費者金融が信用情報機関に個人情報を照会すると、信用情報を確認できます。
これまでローンを組んだことがあるか、キャッシングを利用したことがあるかなど、個人のさまざまな履歴です。

なかでも重視されるのは「事故情報」。
借入だけして返済しなかったり、滞納したことがある履歴、とくに債務整理は重視されます。
事故情報に該当する経験があったら、審査は通れないものと考えたほうがよいかもしれません。