119

急で大きめの出費が発生すると、非常に困ります。
ただ、そんな事態を打開してくれるのが「即日融資」を可能にしている金融機関のカードローンです。
主に消費者金融が展開しているサービスなのですが、申し込み方法自体も店頭申込はもちろんのこと、最近では「無人契約機での申し込み」「インターネット申込」と利便性が高まっています。
ただ、学生などの20歳未満の方は申込対象とならないところが多く、20歳未満を申込対象とした「学生ローン」を謳った消費者金融があったとしても、聞いたことのない会社だったりしますので利用しないことをオススメします。
しかし、学生でも20歳を越えていたらどうでしょう。
もちろん、20歳を越えているので審査対象とはなりますが、もう一点「一定の収入があること」も大事になります。
「学生ローン」サービスを提供している大手金融会社の申し込み要件にも記載されていることなのですが、「学生ローン」と謳っているという事は、一定収入というのは正社員でなくてもアルバイトでも良いという事がポイントです。
特に、業種は問われません。
コンビニやスーパーなどのアルバイトであっても、「一定収入がある」と認められれば、審査対象となりますし、場合によっては「即日融資」も可能となります。
学生の方で申し込みができる方には嬉しいお話になったかもしれませんが、申し込みの際は運転免許証や健康保険証など、しっかりと身分を証明できる書類なども必要になりますから、借りられる可能性があるからと安易に申し込むのではなく、計画的に利用することをオススメします。

【無職でも借りられるカードローンとは】

お金を借りたいと思った時に、色々な金融業者の広告を見たり、各社のおHPを確認する事があるかと思いますが、誰でも借りられるというかというとそうではないことを十分に理解する必要があります。
誰にでも貸してしまって貸し倒れが多発すれば、倒産に追い込まれてしまいますから当然のことです。
そのため、審査というものが存在し、返済能力の有無をチェックするのですが、「無職だとやはり借りられないのか」と疑問がわきます。
もちろん、無職という時点で貸す側にしてみれば返済能力がないという判断材料になりますが、無職でも既婚者の方だとしたらどうでしょうか。
実は、無職であったとしても、一定の収入がある夫がいれば融資を受けられるのです。
例えば、大手金融機関の一つである「三菱東京UFJ銀行」ですが、カードローンのサービスを行っていて、主婦の方でも融資が受けられるのです。
申し込みの際にはもちろん、年収を記入するところがあるのですが、そこには自分ではなく夫の収入さえ記入できればいいのです。
また、夫には借り入れの事実を知られたくないという事情があっても大丈夫です。
提出書類は夫のものではなく、申し込んだ人の運転免許証などの本人確認書類があればよいので、わざわざ夫に告げることなく借り入れができるのです。
また、三菱東京UFJ銀行のカードローンのメリットとして、審査が早いことが挙げられます。
最短で1時間もかからずに審査が完了し、申し込み状況によっては即日融資を受けることも可能です。
ここまでは主婦の方を例にお話しさせていただきましたが、では学生さんはどうでしょうか。
学生さんの場合は無収入であることは十分に考えられますが、親の収入を申込時に記入して、学生証などで本人確認ができれば申込可能となります。
他にも、「アミーゴ」「フレンドトラスト」「イー・キャンパス」といった学生ローンを扱っている金融機関もありますが、借りたという事は必ず返さなければいけませんので、無収入で利用されるのであれば返済計画もしっかり立てて利用することをオススメします。