113

カードローンの利用を決めたきっかけといっても、利用者によってその理由は色々あるかと思われます。
例えば、大きなお金が必要となったという方や、反対に少ない金額で良いから欲しくなったという方もいらっしゃるでしょう。
特に、後者の方にとっては、1,000円だけ借りるといったようなことが出来れば非常に利便性の高いものになるかと思われます。
そこで、今回はオリックス銀行のカードローンを取り上げ、このような少ない金額であっても取り扱ってくれるのか見ていくことにしましょう。
とはいってもそもそも“1,000円を借りる方など本当に存在するのか?”という疑問を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。
ですが、そのような方は思ったより居るもので、会社に勤務されていない主婦や主夫の方をターゲットに“日本貸金業協会”で実施されたアンケート結果によると、そのうちの5分の1以上の方が、5,000円等といった少ない金額のお金を借りた経験があるというのです。
ただ、今回のアンケートは自身で収入を得られていない方といったことから、普通に働いている方を含めると割合は下がりそうですが、1,000円ごとの借り入れというのは珍しい話ではないとは言えるでしょう。
確かに大きなお金を借りておくことで、万が一の事態の備えとはなりますが、その代わり出費も多くなってしまう方も多いでしょう。
さらにいうと、借りるお金を節約することによって、返済も早く終わらせることが出来る為、返済の負担を軽減することもでき、このように、その時々に応じて少ない金額を借りることも決して悪いことではないと言えます。
実際、今回御紹介しているオリックス銀行のカードローンでは借り入れの最小金額は1,000円となっていて、1,000円ごとの借り入れも行なうことが出来ますので、6,000円だけ借りるということも可能となっています。
また、オリックス銀行のカードローンでは、お申し込み時に予め登録した口座や提携先となっているATMでお金を借りることが出来るわけですが、いずれを用いた場合でも1,000円ごとのお金を借りることが出来るようになっています。
登録した口座へ振り込んでもらうためには、PC、スマートフォン等からオリックス銀行のカードローンの会員の方向けのホームページである“メンバーズナビ”にアクセスしてお申し込みして下さい。
電話を利用される方は、平日の午前9時から午後6時までの間に、“0120-890-699”に電話をしてお申し込みを行なって下さい。
お申し込みが完了すると先ほどの口座へ入金されることになります。
もう一方の提携先となっているATMを利用される方は、オリックス銀行のカードローンでは提携先として、都銀、地銀では三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行があり、その他、郵便局、コンビニやスーパーでは、セブンイレブン、イオン、ローソン等といったように幅広く存在しています。
しかも、オリックス銀行のカードローンではこれらATMを利用しても手数料を取られることがないので、手数料が気になる方でも気軽に利用することが出来るでしょう。
最後にまとめとしまして、今回は少ない金額を借りたい方へ向けて、オリックス銀行においての1,000円ごとの借り入れの可否等について見てきましたが、オリックス銀行のカードローンでは、借り入れ出来る最小金額が1,000円であることから、1,000円ごとの借り入れも出来ることが分かりました。
もし、借り入れ出来る最小金額が10,000円となると、それほどのお金を求めていない方にとっては、不便なものとなり、使い過ぎてしまう危険もありますので、そのような方達には有難いものとなっています。
また、オリックス銀行ではお金を借りる方法としては、お申し込み時に登録した口座へ入金してもらう方法と、提携先のATMでお金を借りる方法があり、どちらを利用しても6,000円といった1,000円ごとの借り入れが可能となっています。
このようにオリックス銀行のカードローンでは、10,000円に満たない少ない金額であってもお金を借りることが出来ることから、多く借りておきたい時は多く借り、少なくてもいい時は数千円だけ借りるといった使い方が出来るので、様々なニーズにお応え出来るカードローンとなっています。
ちなみに、今回は触れませんでしたが、ジャパンネット銀行の口座を開設していることで、銀行の口座への振込みを利用される方なら、即座にお金を受け取ることが出来て便利ですので、開設しておかれることをお勧め致します。