49

消費者金融を利用していると住宅ローンの審査が厳しくなるの!?

結婚したり、子供ができたりすると、自分の家を持ちたいなと思って、住宅ローンの借り入れを考える方もいると思います。

しかし、住宅ローンというのはどんな人でも借り入れができるわけではなく、審査を通過しないことにはお金を借りることはできません。

そのため、住宅ローンの審査が通らないのではないかと心配に思う方もいるかもしれません。

特に、消費者金融でお金を借りた経験のある方は、住宅ローンの審査に影響して、審査が通りにくくなってしまうのではないかと思う方もいるでしょう。

そんな方のために、消費者金融を利用した経験がある場合、住宅ローンの審査に影響があるのかということについて、紹介していきたいと思います。

結論から言うと、消費者金融を利用した経験があっても、住宅ローンの審査が通らないということはありません。

実際に消費者金融を利用した経験がある方の中で、住宅ローンの審査を通過してローンが組めている方もいます。

しかし、100%審査が通るというわけではないので、どのような場合に消費者金融の利用が住宅ローンの審査に影響を与えるのかを状況別でみていこうと思います。

まずは、消費者金融を現在も利用しているという場合です。

現在、消費者金融から融資を受けている方が、住宅ローンを申し込んだ場合は、審査を通過することはとても難しいと考えておいてください。

なぜかというと、他の会社から借り入れている方は経済的に不安定であるとみなされ、住宅ローンを貸し付けしても返済が滞ってしまうと判断されてしまうのです。

そのため、消費者金融を利用している最中に住宅ローンを組みたいと思っている方は、審査が通らない可能性が高いということを理解しておきましょう。

次は、過去5年以内に消費者金融から融資を受けて返済が完了している場合です。

消費者金融で融資を受けて5年以内に完済している場合は、金融機関の評価が分かれることがあります。

返済期間内にお金を返しているので、返済能力があり、融資をしても大丈夫だとみられるケースもありますが、消費者金融を利用しないといけないくらい経済的に不安定だとみなされてしまうケースもあるため、評価の分かれるところとなるのです。

消費者金融にお金を返済し終わっていても、契約が続いているとお金をいつでも借りられる状態であるので、住宅ローンの申し込みを考えているときは、ローンの申し込みをする前に、消費者金融との契約を解約しておくといいでしょう。

消費者金融との関係が切れているとアピールできるので、住宅ローンの審査をクリアしやすくなる可能性があります。

最後に、消費者金融を完済して5年以上経過している場合です。

消費者金融から融資を受けて、お金を完済してから5年以上たっている場合は、住宅ローンの審査に影響を与えることはありません。

なぜかというと、5年以上たっていると信用情報は抹消されるので、住宅ローンを申し込むときに金融機関が消費者金融の利用経験を審査の材料にすることができないからです。

ただ、自己破産したり返済が滞ってしまったりして事故情報となった場合は、個人信用情報が10年たたないと抹消されないので気を付けましょう。

消費者金融を利用した経験がある方で、住宅ローンを申し込みたい場合は、事前に住宅ローンを借りたいと思っている金融機関に相談するといいでしょう。

金融機関の中には、柔軟に対応してくれるところがあるので、そのように対応してくれる金融機関で住宅ローンの申し込みをすることをオススメします。

住宅ローンを組むことを考えている方で消費者金融の利用経験が気になる方は、この記事を参考にしてみてください。