アイフルの借り入れ時間は24時間!セブン銀行もオススメ。

お金が足りなくなる時というのは、いつ訪れてもおかしくありません。
例えばアイフルを利用したいと思っても、少しでも夜遅い時間となると、アイフルが利用出来るのかどうか迷ってしまう時もあるでしょう。
そこで、今回はATMにスポットを当てて、利用出来る時間について御紹介していきたいと思います。
まず、アイフルではどのATMを用いるかによって借り入れが出来る時間が違ってきますので、順番に見ていくと、アイフルのATMで借り入れを行ないたい方は、1日を通して借り入れをすることができ、しかも、手数料ゼロで御利用になられるので、自宅や職場近辺にアイフルのATMがあるなら、これを利用するのが1番でしょう。
また、ATMには提携先のATMも存在し、これを利用しても借り入れを行なうことが出来ます。
ただ、1つ気を付けたいのは、提携先のATMの中でもそれぞれ利用出来るサービスが異なり、具体的には、“セブン銀行”、“イオン銀行”、“西日本シティ銀行”、“東京三菱UFJ銀行”、“ローソンのATM”、“E-netATM”、“親和銀行”では借り入れ、返済共に行なうことが出来ますが、“福岡銀行”、“熊本銀行”では借り入れのみ、“Famiポート”や“Loppi”では返済のみとなっていますので、利用の前には予め御確認下さい。
そして、これらの中ではセブン銀行を推奨したいと思います。
なぜなら、セブンイレブンに設置されているATMということで、その店頭数の多さから借り入れが出来る場所を探す手間が殆どないことやこれから御紹介することになる利用出来る時間を見てもほぼ1日を通して利用でき、仕事で夜遅くなるといった方には便利なものとなっているからです。
ちなみにセブン銀行でアイフルを利用出来る時間は、月曜から土曜は午前0時から2時の間と午前3時から午前0時までの間、日曜は午前7時から午前0時までの間、祝祭日は午前0時から午前2時までの間と午前3時から午前0時までとなっていることから、利用出来ないのは午前2時から午前3時の間だけですので、セブン銀行でアイフルを利用出来ないといった状況になることはまずないと言えます。

セブン銀行を利用しない場合は、大体が午前7時から夜の11時までの御利用となりますので、殆ど不便さはありませんが、セブン銀行と比較すると多少劣るものはあります。
残る自動契約機では曜日に関係なく午前9時~21時まで利用することができ、新たにアイフルと契約をして借り入れをする予定がある方は、自動契約機を使うことによって、早く借り入れが出来るようになっておりますので、お勧めの方法と言えるでしょう。
手順としては、自動契約機にてカードを受け取り次第、それを使って各種ATMで借り入れをすることになります。
しかし、セブン銀行等のATMを利用する際には手数料が発生し、利用金額が1万円までであれば、108円、それ以外は216円となっています。
利便性を考えると仕方ない部分もあるかもしれませんが、もしこのお金が少しでも勿体ないという気持ちがある方は、アイフルのATMを利用するのがベストと言えます。
最後にこれまでのまとめとして、今回はアイフルのATM、提携先のATMで借り入れが出来る時間について見てきました。
アイフルのATMは手数料ゼロで利用することができ、しかも1日を通して利用出来るといったメリットがあります。御利用の前にアイフルのATMがある場所をネットで調べて覚えておくとより利便性の高いものとなるかと思われます。
さらに提携先のATMを見ても複数存在し、その中でもセブン銀行であれば手数料がかかるとはいえ、午前2時から午前3時の間以外は利用でき、不便さが全くと言っていいほどありませんので、店頭の数を考えても提携先のATMではセブン銀行が最も推奨出来るものとなっています。
セブン銀行以外の提携先のATMでは、大体が朝の7時から夜の11時までとなっていることが多いとされており、不便ではありませんが、セブン銀行と比べると若干時間には縛られることになるでしょう。
また、自動契約機は新たにアイフルにお申し込みされる場合に利用すると、借り入れまでの時間を短くすることが出来るといったメリットがあります。
ただ、今回のようにATMを御利用の際はカードが必要となりますので、予め店頭や自動契約機にて入手することを忘れないで下さい。


30日間無利息サービススタート!


サブコンテンツ