38

“アイフルの宣伝を頻繁に見かけるけど、パートしかやっていない人でも借りられるのか?”、“主婦でも借りることが出来るというのは、事実なのか?”“極力、主人には知られることなく借り入れしたい”といったように、意外にもアイフルで借り入れを行ないたいと思っている主婦やパートの方はかなりいらっしゃるようです。
そんな中、“実際、パートでは借りることが出来ないのではないか?”もしくは“主人に借り入れのことを知られると怒られそうで手を付けられない”といったことから、申し込みに踏み切れない方がいらっしゃるのも事実であります。
そこで、今回はパートをしている主婦の借り入れについて見ていくことにしましょう。
まず、アイフルではアルバイト、パートまたは主婦という方であっても借り入れをすることが出来るとされています。
これは、アイフルで借り入れが出来る条件が、“成人していてかつ70歳未満の方”、“毎月きちんと給料が貰えていてかつ返済していける方”、“アイフル独自の基準をクリアしている方”の3点となっていますので、アルバイトやパート、主婦の方でも条件をクリアしているため、借り入れが出来ることになります。
ただし、このような条件上、職についていない方や年金生活の方は借り入れをすることが出来ませんので、御注意願います。
ここまでのお話で、主婦の方でも借りることが出来るのが分かりましたが、その他にも、御主人に借り入れをしていることを気付かれる問題や郵便物も心配かと思われます。
ですが、先ほどもお話した通り、アイフルでは毎月給料をもらっていて、返済していけると認められることによって借り入れが出来ますので、御主人の同意を求められたり、担保となるものや保証人を立てることも不要とされています。
そのため、同意書によって御主人に借り入れを検討していることについて気付かれるといった心配はいりません。
言うまでもありませんが、アイフルが借り入れをしている本人の許可なしに、御主人やお子様に借り入れの事実を伝えることなどは一切行なっていませんのでご安心下さい。
郵便物に関しても、アイフルには利用明細が送られてくるサービスが存在しますが、それが送られてきたとしても、アイフルでは、“アイフル”とは一切書かれていない書類を送るよう配慮していますので、郵便物から気付かれることはありません。
また、どうしても明細を送ってきてほしくないという場合は自身でストップさせることが出来ます。
しかし、その場合は多少の提携先のATM等の制限がかけられますので要注意です。
このようにアイフルは借り入れをしている人の個人情報を守るべく精一杯努力しているので、利用者は安心してお申し込みや借り入れが出来るようになっているのです。

最後にまとめとしまして、今回は主婦の方のアイフルの御利用についてのお話が中心となりました。
御利用の可否については、アイフルでは毎月きちんと給料を貰えていて、かつ20歳以上70歳未満という条件を満たしていることで借り入れが出来ることから、主婦の方もパートやアルバイトをしていれば、収入を得られていることになるので、アイフルの御利用に問題はありません。
さらに、アイフルでは保証人を立てることや担保も求めてこないといったことや、御主人の同意も不要とされていること、郵送物に関しても自らストップすることが出来たり、送られてきたとしても、一切社名の入っていないものが送られてくることから、利用者は何の不安もなくお申し込みが行なうことができ、そしてアイフルを利用出来るようになっています。
ただ、利用明細をはじめとする郵便物をストップさせてしまうと、利用出来るサービスに一定の制限がかかることになります。
以上のことからお分かりの通り、アイフルでは利用者に対して目一杯の配慮を行なっていることで、周りの人に借り入れの事実を知られないようになってはいますが、このことで安心して利用者自身が周りに気付かれないようにする努力を怠ってしまっては、あっという間に家族に気付かれてしまうことも考えられますので、利用者も一定の配慮は必要となってきます。
メインの話としては一応これで終わりとなりますが、ここからは私がアイフルに対して、感じていること御紹介していきます。参考程度としてお聞き下さい。
まず、アイフルに関しては、皆が知っている大手の消費者金融であるのは間違いありませんが、他の大手消費者金融と比較すると不安な点が出てきてしまって、その時点で多少遅れを取っているのでは?と思うのです。
その不安な点として出てきたのは全部で3つあり、実際に挙げると、1点目が、利息がかからずに利用可能な期間が存在しないことで、他のアコム、プロミスといったところには、それが設けられていますが、アイフルにはそれが設けられていません。
このことによって、アイフルで借り入れを行なったことがない方であれば、心配で少し手を出しづらいのでは?と思ってしまいます。
2点目が、大手銀行の傘下となっていないことで、万が一、アイフルが経営危機に陥った時にはどうするのだろう?という不安であり、これに対してアコム、プロミスは、それぞれ、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の傘下となっておりますので、経営が傾いてもそれなりとは言え安心感があります。
3点目は、私個人的なことではありますが、アイフルは他の大手の消費者金融と比較して、積極的な融資を1番行なっていないという感じを受けたことです。
そのようなことを考慮すると、私が何の躊躇もなく勧められる消費者金融はアコムやプロミスではないかと思うのです。