6

本記事は、アイフルにてキャッシングのお申し込みをする際に行なわれる審査では電話をされることになるのですが、この電話についてのお話をしていきたいと思います
まず、アイフルの審査の際の電話は勤め先にかかってくることになります。
いわゆるこれが在籍確認となりますが、人によっては、この在籍確認の電話を不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、アイフルの在籍確認の電話は、会社名は出さずに電話をかけてきている個人の名前しか出しませんので、たとえ他の社員が電話に出たとしても、あなたがアイフルでキャッシングを行なおうとしていることを知られることはありませんので、御安心下さい。
しかし、人によってはこの在籍確認の必要性に疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。
ですが、これはアイフルだけではなく、他の消費者金融においても絶対行なわれているものであり、法律でもそう定められているので、仕方ないことと言えます。
ちなみに法律では、返済が行なえないような人にお金を貸し出してはならないとされています。
ですから、日本の消費者金融においては、きちんと返済を行なっていける人か?毎月きちんと収入を得られているか?といったことを確かめるために在籍確認を行なっているのです。
以上のことから、要はこれらを確かめられれば良いので、必ずしも勤め先に電話をしてくる必要はないのですが、現在のところこの方法が一番使われているといっただけの話になります。
次にこれに関連して、電話以外の方法で行なう在籍確認ついても見ていきたいと思います。
電話以外の方法としては、書面上で行なうといった方法が挙げられます。
先ほどもお話した通り、利用者が提出した会社に勤めていることを確認出来れば良いので、利用者自身がその会社に勤めていることを証明出来れば良いことになり、証明されることによって、勤め先に電話をされることなく、在籍確認を済ますことが可能となります。
これを証明するためものとしては、前月の給料明細や会社の保険証、前年の源泉徴収、もしくは会社の身分証明証でも可能となっています。
最後にこれまでのことをまとめていくと、アイフルにおいてはキャッシングのお申し込みをする際に審査が行なわれ、その中には在籍確認を行なう為に通常は勤め先に電話をかけて、提出した会社に本当に勤めているか確認しています。
ただ、電話と言ってもアイフル側では利用者本人以外には会社名を決して名乗らないようにしているので、他の社員が電話に出たとしても、アイフルでキャッシングを行なおうとしていることを知られるといったことはありませんので、心配は無用です。
しかし、それが分かっていながらも勤め先に電話をされることは拒みたいという方は、書面上でも在籍確認は行なえます。
そのためには、前月の給料明細、会社の保険証、前年の源泉徴収、もしくは会社の身分証明書等を用意する必要があり、いずれかを用意出来れば、電話をかけてこられることなく、在籍確認を終わらせることが可能となっていますので、アイフルに問い合わせてみると良いでしょう。