アイフルでネット返済する方法。返済日を忘れがちなあなたは必見

アイフルだけではなく、消費者金融を利用していると必ず返済日というものはやってきます。
最初のうちは返済日には十分気をつけてはいたものの、徐々に利用にも慣れてくると返済日を忘れたというのもあり得ない話ではありません。
返済を行なわないことで利用している消費者金融からの信用もなくなってきますので、絶対にあってはならないことです。
とは言え、仕事で忙しい等といったことから、返済日を逃してしまうことも現実にあります。
そこで、今回はそんな方々へ向けて、アイフルで借り入れしたお金をインターネットで返済する方法について見ていくことにします。
こういったインターネットでの返済というのはアイフル以外にも行なえるところは増えてきています。
実際、アイフルと同じ大手と言われるプロミス、アコムにおいてもインターネットで返済を行なうことが可能となっています。
このインターネットで返済を行なうことでの利点としては、1年を通して返済を行なうことができるといった点や返済の為にATMに出向く必要がないといった点が挙げられます。
では、アイフルのインターネットを用いて返済を行なうにはどのような方法で行なえば良いのでしょうか?
これは、アイフルのウェブサイトを見ても掲載されていないため、ここで理解しておきましょう。
アイフルにおいてインターネットで返済するためには、インターネット上に銀行を開設しておかなければなりません。
そして、その口座からアイフルで予め指定されている口座へ振込みをすることによって返済が出来るといった仕組みになっています。
しかし、インターネット上に銀行を開設されたことがない方なら、どの銀行を開設すれば良いか分からないかと思いますので、ここで、アイフルの返済に適したネット銀行をいくつか取り上げて行きたいと思います。
このような銀行としては、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行を挙げることが出来ます。

ちなみにこれらを利用するにあたっては振込み手数料を取られることになり、例えば、楽天銀行は3万円未満で165円、3万円以上で258円、ジャパンネット銀行は3万円未満で172円、3万円以上で270円、三菱東京UFJ銀行は3万円未満で216円、3万円以上で324円、三井住友銀行は3万円未満で216円、3万円以上で432円、みずほ銀行は3万円未満で216円、3万円以上で432円となっております。
振込みによる返済は便利ではありますが、その分手数料が取られるといった点には御注意下さい。
また、どこも3万円を区切りとして、手数料が決められているようです。
今回取り上げたこれらの銀行はどこもお勧めではありますが、振込み手数料のみに注目すると、楽天銀行が最も安いので、少しでもお金を節約したい方であれば楽天銀行がお勧めと言えるでしょう。
最後にまとめとしまして、今回はアイフルを利用していく上で返済日を忘れてしまうといった方へ向けてインターネット上での返済についてお話してきました。
このインターネットでの返済は1年を通して行なうことが出来るといったことから、普段は仕事、家のことで忙しい主婦の方であっても、返済日を忘れるといったことが少なくなると見ることが出来ます。
インターネットで返済を行なうには、インターネット上に銀行を開設しなければならず、数ある中でお勧め出来る銀行としては、楽天銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行等が挙げられます。
ただ、これらの銀行で返済を行なう際には手数料が取られることになりますので、その点だけは注意して下さい。
その手数料を極力節約したい方なら、楽天銀行が最も安くなっており、3万円未満で168円、それ以上で258円となっています。
そして、振込み先につきましては、アイフルの公式サイトの会員の方専用ページにて確認出来ますので、こちらをご参照下さい。
このように、アイフルで借り入れしたお金の返済にインターネットを利用することで振込みには手数料がかかるとはいえATMや店舗まで出向くことなく、家に居ながら返済を行なえることや、また土日といった銀行が開いていない日でも返済が行なえること等から、どなたにも推奨出来るサービスであるというのは間違いないでしょう。


30日間無利息サービススタート!


サブコンテンツ